藤枝守・公式サイト
最新情報
コンサート情報
経歴
仕事
CDと書籍
日記
コンタクト
モノフォニーコンソート
九州大学大学院芸術工学研究院
リンク
news
砂原悟が弾く「クラヴィコードの植物文様」那須公演

クラヴィコードから醸しだされる微かな音。その音は、われわれの耳の襞の奥深くへそっとしのびこみ、そして、知らないうちに「聴く」という行為が研ぎ澄まされていきます。「植物の声」ともいえる植物がもつ電位 変化から生まれた《植物文様》。その音楽が、砂原悟の奏でるクラヴィコードの微かな音によって「フラジャイルな響きの綴れ織り」と変容します。

 

 

 

 



 

 

■クラヴィコードの植物文様  
西欧中世の時代において、音の基準となったモノコードは、その当時の音感を育むだけでなく、その音感の背景にあるキリスト教の調和と秩序の象徴だったといわれています。その後、モノコードが楽器となるために、鍵盤というアタッチメントが必要になり、「keyed monochord」と呼ばれるようになったそうです。さらに、15世紀あたりから、弦の数が増え、クラヴィコードという楽器のかたちとなり、18世紀になると、広くヨーロッパで使われるようになりました。バッハも愛用したといわれるクラヴィコードは、今で言う携帯型キーポードであり、どこにでも持ち運びが可能で練習や作曲の手助けとなったのです。あくまでも個人仕様の楽器だったクラヴィコードは、その音量 の制約のために公開演奏には適していません。しかしながら、その微かな音は、聴く人の意識に作用します。つまり、その音の大きさがわれわれに音に集中するという行為を与えるのです。

 これまで、《植物文様》のシリーズには、ピアノやハープシコードのための曲集がありましたが、以前からクラヴィコードに興味を寄せていた砂原悟さんと相談するうちに、クラヴィコードで《植物文様》を演奏してみたらどうだろうということになり、昨年、自由学園・明日館での「クラヴィコードの植物文様」の公演につながったのです。

 今回演奏される《植物文様15集》《16集》は、昨年、作曲されたばかりのものですが、作曲の際にクラヴィコードが醸し出す微妙な音調を意識しました。これらのあらたな曲集には、バッソ・オスティナート様式によるものや、異なるリズム・ユニットが同時進行するもの、バッソ・オスティナートのパターンがだんだんと成長してすべての声部に織り込まれていくようなフラクタル的なものなどが含まれています。  なお、今回の使用楽器は、山野辺暁彦さんが製作されたもので、1780年代のドイツの楽器製作家、フーベルトのクラヴィコードがモデルとなっています。(藤枝守)

■バッハのクラヴィコード
アンナマグダレーナ(バッハの2人めの妻)によって記された「バッハの思い出」の中に、クラヴィコードを愛したバッハの姿が描かれています。それによると、バッハはあらゆる楽器の中で、オルガンに次にクラヴィコードが好きであったらしいのです。バッハは家庭演奏を好み、息子たちともクラヴィコードで競演したといわれています。

クラヴィコードは公の場には出ない楽器で、主に家での練習用の楽器です。構造が単純で安価に作れたため、当時たいていのオルガン奏者が持っていたそうです。金属片が弦を突き上げるというシンプルな構造は、直接弦と対話しているような趣きがあります。アクションの複雑になった近代ピアノとはそのあたりの感触がかなり違います。キーを押しているあいだは金属片が弦から離れないため、ヴィブラートも可能です。しかしその構造ゆえ音量 は極端に小さく、近代演奏文化にはなじまずあまり使われなくなったと思われます。

しかし、その音色の美しさは音の小ささを補ってあまりあるものでしょう。チェンバロというよりリュートを思わせる音色で、比較的音の数が少ない楽曲を弾くと、とくにその音色の美しさが引き立ちます。今日はそういう意味で、バッハの作品からリュート組曲を選びました。ヴァイオリンのための無伴奏パルティータの編曲であるこの作品は、本来演奏すべき楽器の指定はなく慣例的にリュートで演奏されているものです。バッハはリュートを弾けなかった?という説もあり、この曲をクラヴィコードで弾くバッハの姿を何となく想像してしまうのです(もっともラウテンヴェルクというリュートを模した幻の楽器もあったそうですが・・)。

藤枝さんの「植物文様」もこの楽器とたいへん相性がよく、何度か演奏をさせていただいておりましたが、今回富山のマイルストーン・アート・ミュージックからCDリリースのはこびとなりました。クラヴィコード、藤枝さん、富山と縁が重なって、この度の那須の演奏会が実現できたことにたいへん感謝しております。(砂原悟 )


       



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


●Profile 砂原 悟 (クラヴィコード)

東京芸術大学付属高校を経て、1983年同大学卒業。同大学院在学中の1985年、ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学金を得て渡独。1987年ミュンヘン音楽大学マイスタークラッセを修了し て帰国。1988年東京芸術大学大学院修了。1993年まで同大学院博士後期課程に在籍した。現在、日本各地で、独奏、室内楽、歌曲伴奏などの演奏活動とともに、 コンクール審査、音楽雑誌「レッスンの友」での執筆活動なども行っている1984年日本音楽コンクール入選。1987年ポルト市国際ピアノ コンクール(ポルトガル)入賞。1988年東京芸術大学大学院にてクロイツァー賞受賞。 東邦音楽大学、大学院准教授、東京芸術大学講師。 宮島敏、中山靖子、クラウス・シルデ、小林仁の各氏に師事。


●植物文様とは・・・ 

演目 「植物文様クラヴィーア曲集 (藤枝守 作曲)」から (新作・植物文様第十五集を含む)
出演

砂原悟(クラヴィコード:山野辺暁彦製作。1780年代ドイツ・フーベルト製作モデル))

日時 2008年85日(金)14:00〜・18:30〜
会場
入場料
●昼の部14:00 ギャラリー間 2500円 定員:30名  
●夜の部18:00 Bar 朔(さく) 3000円(ドリンク付) 定員:30名
   



※Bar朔はギャラリー間の隣に位 置します

 


問合せ
 
 

問い合わせ・予約の申し込み方法
マイルストーンアートワークス(ナガシマ)まで、氏名/住所/連絡先/購入枚数を明記して
下記の E-mail かお電話でお申し込みください
なお、お支払いは、当日の精算となります。

マイルストーンアートワークス
 
 E-mail: info@milestone-art.com
  HP: http://www.milestone-art.com
  mobile: 090-3295-6912

      


藤枝 守 E-mail: info@fujiedamamoru.com

    

 

 

【主催】ギャラリー間、Bar 朔(さく)
【企画・制作】藤枝守
       ナガシマヨシホ(MILESTONE ART WORKS)

 



 
{1}